疲れをとる

ストレスと疲労

ストレスが疲労を生み出す

「ストレスが疲労を生み出す」ということを聞いて、納得できないひとはほとんどいません。「睡眠不足」と同じくらい、疲労の原因としてメジャーだからです。この「ストレス」には、大きく分けて二つの種類があります。
まず一つ目は、誰しもが連想しやすい「精神的なストレス」。職場での叱責、家族関係の軋轢、友人関係のもつれ、恋人の喧嘩、将来像についてなどなど、そのストレスは実にさまざまです。
もう一つは、「肉体的なストレス」です。運動などによって筋肉に課せられるストレスですね。
実は後者の方は深刻な問題にはあまりなりえません。というのも、筋肉に課せられたストレスというのは、適切な手順で(多くの場合は、睡眠などの時間をおくことで)回復するからです。

精神的なストレスと疲労

問題となるのは、言うまでもなく前者の「精神的なストレス」です。
よく言われることですが、心の「ストレス」「傷」というのは目に見えません。そのため、周囲のひとだけでなく自分自身さえも、その「ストレス」の存在を認めようとせず、ますます自分を疲労状態に追い込んでいくことがあるのです。
さらに言えば、同じシチュエーションでも、ひとによって感じる「ストレス」の大きさは違います。そのため、一概に「それくらいは大丈夫だよ」と言うことはできません。
十分なリラックスタイムをとっても改善しないようならば、心療内科などの門を叩いてみることをオススメします。